パソコントラブルシュート備忘録

パソコントラブルシュートに関する備忘録です。

Outlookを起動するとデータファイルのパスワード入力画面が表示され使用できない

広告

先日、「Outlookを起動するとデータファイルのパスワード入力画面が表示され使用できない」という相談がありました。

この場合、データファイルがアクセス不可なのでOutlookが使用できない状態です。

なのでOutlookのプロファイルを新しく作成し、そちらを読み込めばOutlookは起動します。ただし読み込めないデータファイルに格納されているメールやアドレス帳は救出することができませんので諦める他ありません。


【Outlookのプロファイル作成方法】

コントロールパネルを開き「メール」をクリックします。「メール」が見つからない場合は表示方法を変更してみてください。

次に「プロファイルの表示」をクリック、そして「追加」をクリックし、プロファイル名を入力して「OK」をクリック。

さらに「自分で電子メールやその他のサービスを使うための設定をする」(手動設定)をクリックし「次へ」、「インターネット電子メール」をクリックして「次へ」。
受信メールサーバー、送信メールサーバー等のプロバイダーから入手した情報を入力し「次へ」、「完了」をクリック。

最後に「 常に使用するプロファイル」をONにし、今回作成したプロファイル名を選択して「OK」をクリック。



【原因と予防策】

今回取り扱ったケースではデスクトップに作成していたOutlookのデータファイルを誤って消してしまいゴミ箱から元の場所に戻してみるも今回のような状態になったとのこと。

予防策としてOutlookのデータファイルはドキュメントなどに保存されているので移動させたり削除しないように気を付ける、そしてデータファイルのパスワード管理もするようにすると安心です。

大切なメールやアドレス帳にアクセスできなくなると大変なので、Outlookを使用している方は徹底しましょう。