パソコントラブルシュート備忘録

パソコントラブルシュートに関する備忘録です。

「次のアップデートに備えてプライバシー設定を確認する」の画面から戻れない

広告

Windows10のパソコンを利用していると「次のアップデートに備えてプライバシー設定を確認する」と表示されることがあります。

これはCreators Update適用前のパソコンへのお知らせで「後で通知する」と「設定を確認する」というボタンが画面下部にあります。

最初の数回は「後で通知する」を選べるのですが、何回か「後で通知する」を選択していると「設定を確認する」だけになり設定しないとプライバシーの設定を確認する画面が閉じないのでパソコンを使用できないという迷惑極まりないものです。

この画面が開いたままどうしたら良いのか分からないという方は設定の確認さえすれば画面を閉じることができます。

ただしCreators Updateへの準備が整ったとみなされ後日Creators Updateが通知されます。

「今すぐ再起動」か「時刻を選択」か「再通知」を選ぶことができますがCreators Update中は長時間パソコンが使用不可になるので注意してください。


ちなみに Windows 10 Enterprise (企業向け)の場合は更新延期に期限がありませんが、個人でパソコンをお使いの方はだいたいWindows 10 HomeかWindows 10 Proをご利用だと思うのでオンラインでパソコンを利用されているのなら更新は不可避です。


公式ページに『Windows 10 の仕様とシステム要件』があるので確認しましょう。

Windows 10 のシステム要件と仕様 | Microsoft

プロセッサ: 1 ギガヘルツ (GHz) 以上のプロセッサまたは SoC
メモリ: 32 ビット版では 1 GB、64 ビット版では 2 GB
ハード ディスクの空き領域: 32 ビット版 OS では 16 GB、64 ビット版 OS では 20 GB
グラフィックス カード: DirectX 9 以上 (WDDM 1.0 ドライバー)
ディスプレイ: 800x600


特に重要であると思われる要件を抜粋すると、

Windows 10 Home のユーザーには、更新プログラムの提供が開始された時点で、Windows Update によって自動的に更新プログラムが適用されます。Windows 10 Pro と Windows 10 Enterprise のユーザーは、更新プログラムを延期する機能を利用できます。ただし、Windows 10 Pro のユーザーが更新を延期できる期間には制限があります。


ハード ドライブの容量が 32 GB のデバイスや、ハード ドライブが満杯になっている古いデバイスなど、空き領域が少ないデバイスでは、アップグレードを完了するためにストレージの追加が 必要になる場合があります。アップグレード中に表示される指示に従ってください。アップグレードを完了するために、ハード ドライブから不要なファイルを削除したり、USB フラッシュ ドライブを挿入したりすることが必要になる場合もあります。


空き領域が少ないデバイスや、32 GB などハード ドライブの容量が小さい PC では、アップグレード後に空き領域がほとんどなくなる場合があります。[ストレージ] システム設定を使うと、一時ファイルや以前のバージョンの Windows などのファイルを削除することで、ディスクの空き領域を簡単に増やすことができます。以前のバージョンの Windows のファイルは、Windows 10 を削除して以前のバージョンの Windows に戻すことができるように保持されています。それらのファイルは、アップグレードから 10 日後に自動的に削除されます。空き領域を増やすために、それらのファイルを今すぐ削除することができます。

【引用:Windows 10 のシステム要件と仕様 | Microsoft

「次のアップデートに備えてプライバシー設定を確認する」を終えた後はCreators Updateに備え上記の要件をチェックしてみてください。