パソコントラブルシュート備忘録

パソコントラブルシュートに関する備忘録です。

【WIN10】「インターネットなし、セキュリティ保護あり」の解決法

広告

「インターネットなし、セキュリティ保護あり」と表示されてネットに繋がらない場合、考えられる原因は幾つかあります。

というわけで先ずは原因を切り分けます。

1.有線接続

有線で「インターネットなし、セキュリティ保護あり」と表示される時はセキュリティソフトが原因の場合が多いです。

なのでセキュリティソフトを一時停止してインターネットに接続してみましょう。


2.無線接続

「インターネットなし、セキュリティ保護あり」と表示される時、無線接続されている方が多いです。

考えられる原因は、さまざまなので、1つずつチェックしていきましょう。

◆セキュリティソフト

有線の場合と同じくセキュリティソフトを一時停止しインターネット接続できるか確認します。

◆SSIDの末尾

SSIDとはアクセスポイントの識別子のことでパソコンの通知領域にあるWi-Fi(ワイファイ)のアイコンをクリックするとズラリと表示されます。

接続されているSSIDの末尾を確認し「awまたはgw」であった場合は「aまたはg」のSSIDでインターネット接続を試してみてください。

◆無線ルーターをチェック

回線業者からレンタルしているホームゲートウェイから無線ルーターに接続しパソコンを無線接続している場合はダブルルーターという状態になっていることがあります。

お使いの無線ルーターをAPモード(アクセスポイントモード)またはブリッジモードに設定してみてください。メーカーにより名称が違うのでマニュアル参照。

ルーターのランプが正常に灯っているかどうかもマニュアルを参照しチェックしてみましょう。

○機器の故障と判断する前に

・別のデバイスは繋がる?

・無線で接続している場合、無線ルーターから有線で接続したら繋がる?

・無線で接続している場合、ホームゲートウェイから有線で接続したら繋がる?

一応、上記の項目もチェックしてみてください。


このトラブルシュートを行った環境↓↓

OS:windows10